スティーブン孝成

役に立った情報を持て余すことなく伝えます。オススメ本、対人関係、風邪対策、体の作り方、美容、英語が喋れるようになる方法、モテる方法、宅建、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどの資格試験など

行政不服審査法

申立人について補佐が必要とされることがあるので、審査庁は、申立人から口頭意見陳述において補佐人を同行したい旨の申し出があった場合には、これを許可することができるか? →◯ 審査請求の審理は、書面によるのが原則であるが、審査請求人又は参加人は、…

国家賠償法②取消訴訟

都市計画事業のために土地が収用される場合、被収用地に都市計画決定による建築制限が課されていても、被収用者に対して土地収用法によって補償すべき相当な価格とは、被収用地が、建築制限を受けていないとすれば、裁決時において有するであろうと認められ…

児童に対する虐待防止法

1933年(昭和8年):旧児童虐待防止法(昭和8年法律第40号)制定。14歳未満の児童 1947年(昭和22年):児童福祉法の制定に伴い、旧児童虐待防止法を廃止。 1951年児童憲章→法的拘束力なし。 日本は 1994年に批准した 1990年エンゼルプラン 基本方針1994年新…

地方自治法①国家賠償法

一般職公務員に対する法律上の懲戒処分の種類は、免職・降任・休職・減給の4種類であるか? →✖️ 懲戒処分とは「免職、停職、減給又は戒告」であり、「降任・休職」は懲戒処分ではない。したがって、本肢は誤り。 ため池保全条例で、ため池の破壊、決壊を防ぐ…

民法、行政法抑えるところ 一般知識

新株予約権 即時取得と時効の違い。 即時取得は無過失を立証しなくてよい。 およそ占有者が占有物の上に行使する権利はこれを適法に有するものと推定される。民法188条 絶対効 「弁済」、「相殺」、「混同」、「請求」、「時効の完成」、「免除」 、更改 近…

民法④

A・B間で建物の売買契約が成立し、Aは、Bから建物の引渡しを受け、また、移転登記も得て、近く同建物に引っ越しをしようと思っていたところ、同建物は、第三者Cの放火によって焼失してしまった 上記建物は、Bの責めに帰すことができない事由により焼失…

民法③

AはBに金銭を貸し付け、この貸金債権を担保するためにB所有の土地の上に建っているB所有の建物に抵当権の設定を受けて、その登記を備えた。 Aの抵当権が実行された場合、抵当権設定時に建物内に置いていたB所有の家電製品のテレビには抵当権の効力は及…

民法②

AがBとの間の賃貸借契約に基づいて乙土地を通行している場合において、その後に甲土地がCに売却されたときは、これによりCも当然に乙土地を通行することができるか? →✖️ 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸するこ…

民法①

被保佐人がその保佐人の同意を得なければならない行為は、法に定められている行為に限られ、家庭裁判所は、本人や保佐人等の請求があったときでも、被保佐人が法に定められている行為以外の行為をする場合にその保佐人の同意を得なければならない旨の審判を…

会社法⑦

社員たる地位を細分化したもので、均一化された割合的単位で示されるのは? 株式 持分会社の社員の持分は、株式会社の株式とは異なり、一人一持分であって、細分化されたものではなく、内容が均一化されたものでもないか? →◯ 株式会社の株式は、原則として…

会社法⑥

取締役会設置会社において取締役が、取締役会の承認を受けて会社を代表して他の取締役に金銭を貸し付けた場合であっても、その取締役はまだ弁済のない額について弁済する責任を負うか? →✖️ 肢4同様に改正後の会社法では削除された規定である(会社法第356条…

会社法⑤

取締役会設置会社が、その発行する全部の株式の内容として、譲渡による株式の取得について当該会社の承認を要する旨を定める場合(以下、譲渡制限とはこの場合をいう。) 会社が譲渡制限をしようとするときは、株主総会の決議により定款を変更しなければなら…

会社法④

株式会社の株主等の閲覧権に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、甲株式会社(以下、甲会社という)は、会社法上の公開会社とする。 単独株主Aは、甲会社の株式を市場において1000株取得した時点で、甲会社の株主構成を知りたいと考えた。Aは、…

会社法③

株式会社は、合併および会社分割などの一般承継による株式の取得について、定款において、当該会社の承認を要する旨の定めをすることができるか? →✖️ 会社法第133条1項は「株式を当該株式を発行した株式会社以外の者から取得した者は、当該株式会社に対し、…

会社法②

会社法上の公開会社(指名委員会等設置会社を除く。)が発行する株式に関する次のア~オの記述のうち、会社法の規定に照らし、正しいものの組合せはどれか。 会社は、その発行する全部の株式の内容として、株主総会の決議によってその全部を会社が取得する旨…

会社法問題

A株式会社は、輸入業者Bとの間で牛肉の売買契約を締結し、Aの仕入れ担当者が引渡しに立ち会った。4ヶ月後に、当該牛肉に狂牛病の可能性のある危険部位があることが分かったため、直ちにBに通知した。この場合に、AはBに対して売買契約の解除、代金の減…

一般知識 情報公開法

e-文書通則法 この法律は、法令の規定により民間事業者等が行う書面の保存等に関し、電磁的方法により行うことを義務づけるに際しての共通事項を定めるものであるか? →✖️ e-文書通則法第1条 この法律は、法令の規定により民間事業者等が行う書面の保存等…

国王 代表

1215年イギリス国王ジョン マグナカルタ作成 国王大権の濫用禁止 正当な裁判手続きの保証 チャールズ1世 権利請願 1628年にイギリス議会がチャールズ1世に提出し承認を得た文書 議会の承認のない課税 財産の徴収の禁止 人身の自由 国際連合の主要な常設の国…

公開市場操作と総務省重要ワード

公開市場操作 →買いオペ →売りオペ 日本銀行が市中の銀行から有価証券を 買う。 売る。 買いオペ→ 日銀が市中から有価証券を買って 市中にお金を渡す。→ 世の中お金だらけ→ 市中の銀行→ 市民にお金を貸す→ 市民は事業にお金使ったり出来る →景気回復 公債の…

一般知識間違いやすいところ

しきんかんり‐だんたい〔シキンクワンリ‐〕【資金管理団体】 国会議員・地方議員・自治体首長など公職の候補者が政治資金の提供を受け、取り扱うために設置する団体。政治資金規正法に基づいて一人につき一団体のみ指定できる。資金管理団体は政治家個人の資…

会社ややこしいところ

取得請求権付株式→株主が請求 取得条項付株式→会社 請求→性吸→人間→株主 公開会社 特定の者を引受人として 募集株式会社発行 金額の多寡を問わず でも、、、 募集株式を引き受ける者に特に有利な金額である場合には、取締役は、前項の株主総会において、当該…

憲法④

内在的制約とは (他の人権との衝突等の調整にされる必要最小限度の制約 表現の自由を肯定する時 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、()でその国事に関する行為を行う →天皇の名 幸福追求権の内容について、個人の人格的生存に必要不…

行政書士問題憲法③

議員の不逮捕特権は国会の会期中にのみ認められるか? →◯ 憲法50条は「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。」と規定していま…

行政書士試験問題憲法2

準正→ 婚姻準正と、認知準正があります。このうち婚姻準正とは、法律上の婚姻関係にない夫婦が子供を生み、父が認知した後に、婚姻することで、子供と夫婦との間に嫡出親子関係が生じることをいいます 参議院議員の選挙については、人口比例主義も一定程度譲…

行政書士試験問題 覚えておきたいとこ。

主文を導く上で重要な判決理由 レイシオ、デシデンタイ。 礼(レイ)は重要 傍論、判例法としての拘束力を認めない。 オビタディクタム オビタ→のび太→必要ない。 ある法令の個々の規定を他の類似する事柄に必要な修正を加え当てはめる場合に用いられるもの→…

僕は勉強ができない

ぼくは確かに成績が悪いよ。 でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。 17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。 勉強はできないが、女性にはよくもてる。 ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。 母親と祖父は秀美に理…

恋愛は人を育てる

みなさん恋愛してますか? いきない何やねん!って話ですよね、笑 単刀直入に言いますと。 学生の時はみなさん出会いがありましたよね。 それが、社会人になったら急に出会いがなくなりましたよね。 国立社会保障・人口問題研究所の調査によると 20代の男性…

例え表現

どうも従兄弟にこのブログしょうもないねん。 もっと役にたつ情報書けって言われた スティーブン孝成です。 従兄弟が家に来て日本酒1升と酎ハイ12缶と 40度のブランデー飲みまくり結局1時まで呑んでました、 次の日朝から仕事で日中地獄の苦しみでした。 今…

剣客商売

戦国時代の武士の役目は敵を倒し主君を守るという明確な目的がありましたが、天下泰平である徳川の時代になると国内の争いがなくなり、武士の役目は一体何なのか? 昔の武士は戦うことが仕事だったのに、今の時代は戦うだけでは生活することができなくなった…

建設業で仕事をするなら1人親方保険

建設業における一人親方とは、個人事業主又は法人の代表者で一人で事業に従事する方、もしくは年間延べ100日未満しか労働者を使用しない方を言います。 労働者を使用する場合であっても、年間の使用日数が100日を未満ならば一人親方に該当します。 具体的に…